医薬品のネット販売について

最近はインターネットのものを買うのが当たり前となっていますが、利用者の増加に伴って様々なものが販売されるようになりました。普通の生活使うようなものばかりが購入されるだけでなく、今では薬をインターネットで購入するという場合も増えてると思います。

ですが、インターネットで薬を購入するというのは薬事法による規制があり、ドラッグストアなどで取り扱うことができていてもインターネットで販売することが許可されていないという場合もあります。

しかし、ドラッグストアで販売することが許可されていない医薬品であっても購入出来る方法があります。それが海外からの個人輸入により医薬品を入手するという方法です。

これは薬事法でも「個人の使用に限り一定量購入することが出来る。」というような内容で許可されていて、それによって、海外から個人輸入を利用するという人が増えているようです。

日本国内での薬の消費による利益を伸ばす為には、出来ることなら海外からは購入してもらいたくないという事情があると思いますが、その相手国となるのが、大半はアメリカなのでそれを強く言うこともできないというのも現状なのかもしれません。

その打開策として、一度に大量購入されるのを控えさせる方法として、例えば「使用料1ヶ月分に限る」というような内容で購入が許されている薬もあります。

医薬品の通信販売に関する話に戻りますが、以前は、薬事法によって規制がかかったのに対し、楽天やケンコーコムが訴えを起こした結果「一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を規制する省令が最高裁で違法とされたことを受け、薬のネット販売が事実上解禁された。」という情報があります。

これを受けて大手の販売会社が医薬品のインターネットでの販売に参入を開始しているようです。

これに対して、店舗を構えるドラッグストアは抗議をしているようですが、薬事法に関わる法令が違法だという言う事が最高裁で決まったという事実は変えられるものではありません。

こうしたインターネット上の医薬品の販売に関しては、これからも二転三転していくと思いますが、医薬品の個人輸入に関してもそうした薬事法の関係により購入方法が変わるということも考えられますので、必要な薬は早めに入手していた方が良いのかなとも思いました。