グルコサミンとコンドロイチン

年齢を重ねるごとに辛くなってくる体の症状として、視力が落ちてくるのも辛いものがありますが、それよりも、肩や膝が思うように動かせなくなったり痛みを伴うようになるのが辛いと感じている人は沢山いるものです。

私自身も少し製造しているだけで足首が痛くなったりするだけでなく、あぐらをかいているだけでも股関節が痛くなったりして大変な時があります。それだけ、体というものは関節から良くなっていきやすいのかもしれません。

加齢に伴う関節の症状として、変形性関節症というものがありますが、これは、関節にある軟骨が磨り減ってしまい骨と骨同士が直接擦りあうことで痛みを伴うというものです。

軟骨自体が弱くなってしまうことも関係しているますが、潤滑性を失ってしまうことで摩耗しやすくなり、関節同士が磨り減りやすくなってしまうのだと思います。

そこで関節の健康に有効な栄養成分を調べたところ、グルコサミンやコンドロイチンが有効に働くという情報が沢山ありました。サプリメントでも沢山販売されていますが、同じようなサプリメントが沢山あり、どれを選べば良いのかわかりません。

すると、グルコサミンには、Nアセチルグルコサミンという普通のグルコサミンの3倍の吸収力を持つ成分があり、それを含んだサプリメントを活用するとより効果が現れやすいという事を知りました。

更にコンドロイチンには、いくつかの種類があるようで、その中でもコンドロイチン4硫酸という種類にすると吸収率に優れていてこちらも関節の健康に有効に働いてくれやすいようです。

よくあるコンドロイチンのサプリメントには、コンドロイチン6硫酸という種類で、こちらは鮫由来の成分です。ちなみに、コンドロイチン4硫酸の方は豚由来、もしくは鶏由来の成分です。

これらの有効成分が含まれていて、他にもヒアルロン酸など関節の健康に有効な成分が十分な量配合されているのに価格も安いサプリメントは、ドクターズチョイスのNアセチルグルコサミンコンドロイチンかなと思います。

サプリメントは薬のように劇的な効果があるというものではなく、じわりじわりと効果が出てくるものなので、3ヶ月程度を目安として継続しなければいけません。

それであれば成分への信頼性がしっかりとしているサプリメントを選びたいところです。