男性の悩みに関する薬と個人輸入

男性の悩みの中でも重要度が高いものとして、すぐに思い浮かぶのは、薄毛に関わる問題。もしくは、EDについてかなと思います。男性の薄毛は AGAという症状があり、男性ホルモンが毛根にある酵素と結合することで抜け毛の原因となる物質を作り出してしまうことが関係しています。

このメカニズムがわかっているので、これを阻止する働きのある薬を摂取することにより、AGAを改善することが出来るようになっていますが、その薬というのがフィナステリドという成分で、プロペシアという薬で販売されています。

また、日頃からストレスを感じていることが多くなったり、仕事などでの疲れから気力がなくなってしまうことが関係してEDとなりやすい人が増えています。こうした気持ちが関係してる言い利用心因性のEDと呼びますが、結婚後に増える傾向にあると言われています。

40代を過ぎると慢性疾患などが関係して入りとなる場合があるのですが、それは何らかの病気が関係しているので器質性という呼び名があります。

この器質性であれば、慢性疾患を改善するという目的があるので、保険適用されますが、心因性のEDは保険適用されないので100%自己負担で治療しなければいけません。つまり、クリニックや病院で処方せんを出してもらい薬局で購入する場合も保険適用されないので薬代が100%自己負担となってしまうのです。

ちなみにED治療薬として日本国内で販売されているものは、バイアグラ、レビトラ、シアリスというものがあるのですが、どれも1錠あたりの薬代が1000円以上もするという高額なものです。

一度の性交渉にそんなに高い薬を毎回のように使えるというのは、中々大変な費用となってしまいます。その前も海外からなら安く購入することが出来るので、使用頻度が高い人にとっては個人輸入を利用するメリットが大きくなるのだと思います。

AGAも病気ではないので保険適用されません。つまり、男性の悩みに関係するこれらを薬などで治療する場合は、自分のポケットマネーを出さなければいけないことになります。

なので、国内でこうした薬を購入するには多少金額が高くなってしまいます。その為、海外から個人輸入という形でできるだけ安く仕入れて利用する男性が増えているようです。

一時期は急激な円高で更にお得感が有ったこれらの医薬品ですが、安倍総理になってから、円安へと移行して輸入より輸出が有利な状況になっています。それでも、物価の関係から、海外の方が日本よりも安く購入出来るということもあり、個人輸入の利用者はそんなに変わっていないのかなとも思います。

それに日本で許可されていない薬であっても、個人の利用に限り購入する事が許されているので、これらの男性の悩みに関わる薬の中で、ジェネリックが販売されています。ジェネリックになると更に安く購入することが出来るので、こうしたものをうまく活用して費用を抑えて悩みを改善しようという人が多いという現状があるようです。

レビトラは、バイアグラと同じような働きでEDを治療するもののようですが、どちらも、日本人でも結構お世話になっている人が多いようです。今では、こうした有名な薬に高い金額を払って購入するのではなく、ジェネリック医薬品を活用するケースも増えているとのことなのですが、バイアグラのジェネリックにはカマグラゴールドというものもあります。

ED治療薬のジェネリック医薬品の中でも、このカマグラゴールドが割と人気のようです。

セロトニンも男性にとっては重要かもしれない

人というのは陽の光を浴びることによって、体調が良くなるようにできているようです。陽の光を浴びるとセロトニンが分泌されて幸福感を得ることが出来ると言われていますが、それに近い充実感を得ることが出来るようになる場合があります。

実は、セロトニンというのは、男性にとっては特に関係の深いホルモンの一つで、性交の継続出来るかどうかに関わっていると言われています。つまり、セロトニン不足が早漏に繋がっているとも言われているようです。

そうしたメカニズムに対して、セロトニンの濃度を高めることによって早漏治療につなげる薬というものも開発されているようです。陽の光を浴びることによって、セロトニンが分泌されることが明らかなら、そうした薬に頼らなくても、もしかしたら改善に繋がるかもしれません。