低用量ピルが生理の軽減に有効?

生理中の症状の程度には、かなり個人差があるそうですね。

私の場合は、1日目に眠気が強くて2日目に出血量が多いくらいなので、多分軽い方だと思います。しかし、辛い人は本当に辛いらしく、生理中の間ずっと、立っていられない程の貧血や腹痛、頭痛などに苛まれるのだとか。

また、そうした生理中の症状の程度は、年齢によって変化することも多いみたいで、更年期に入ってから一気に重くなるというパターンもあるのだとか。

となると、私も今は全然大丈夫だからと言って、必ずしも安心というわけではないんですね。では、そのように生理中の症状が重くなった場合、どうすれば良いのでしょうか?

調べたところ、低用量ピルが良いそうです。

低用量ピルと言うと、避妊のために用いられるというイメージが強かったので、個人的にはとても意外でした。なんでも、低用量ピルに含まれている黄体ホルモン等が子宮内膜の増殖を抑えることで、出血や生理痛を軽減してくれるのだとか。

ちなみに、飲み始めの当初は、体内のホルモンバランスの変化により、吐き気や頭痛などの悪阻に似た症状に悩まされるそうですが、1~2週間の内に体が慣れて、大抵は改善するとのことでした。

なので、私もいざという時は、この低用量ピルにお世話になってみます。