産婦人科系疾患への有効性のある抗酸化成分

加齢に伴い病気の発症率が高くなりますが、老化によって引き起こされるだけでなく、運動不足やストレス、喫煙や飲酒、食生活などによって引き起こされる病気を生活習慣病と呼びますが、本人に改善する自覚が無ければ、次第に病気に近づいていく一方です。

そうした生活が簡単に改善できない場合も有りますが、今の生活を少しずつ修正しつつ、これからの健康を目指す上でもなくてはならないものが抗酸化成分です。

抗酸化成分には、様々な種類が有りますが、体内で発生する活性酸素(フリーラジカル)による細胞攻撃を防ぐ事で健康をサポートする働きが有ります。

中でも、目の健康には、ルテインやアントシアニンが有効と言われていたり、肌を守る働きとしてビタミンEなどが注目を集めていますが、それらよりも強力な抗酸化作用を持つ成分として、ピクノジェノールが注目されています。

ピクノジェノールには、血液中のコレステロールを除去して血流を改善する働き、中性脂肪を低下させる働き、肌の健康をサポートする美容効果も注目されています。

更に、重い生理痛の軽減や子宮内膜症による痛みを和らげる働きなど、女性特有の疾患に薬を使わずに緩和、改善する成分としても注目を集めています。

この成分は、フランス海岸松というフランスの西海岸に自生する松の樹皮成分として抽出されるものであり、その抽出量は、1kgあたり1gと貴重な成分となっていますが、カナダ・ケベック大学のマスカリー教授によって、人の体に有効なフラボノイドが多量に含まれている事が解り、人の体にとって有効な抗酸化成分としての裏付けの有る成分です。

ピクノジェノールは、サプリメントとして摂取出来るので薬のような副作用を心配する必要もなく、日々の健康サポート成分として活用する事が可能です。

改善したい症状に応じて服用量の参考情報も有るのですが、中には、アレルギー症状やⅡ型糖尿病の改善に用いる方法も有ります。

薬ではないので、すぐに効果が現れるかは個人差が有りますが、継続して使用する事で変化を実感できるようになれる期待が持たれます。