妊活中は性交痛に要注意

今は、不妊治療ではなく妊活という言葉の方が使われるようになってきていますが、それが、1年、2年と長引くと、流石に大変な気がしなくも有りません。そんな妊活中での辛いことと言えば、性交痛だそうです。

子供が出来ない事も精神的に辛さが有りますが、それよりも性行為の時に痛みを伴うのは、誰しも避けたいものです。でも、子供が出来ないプレッシャーから濡れにくくなり、痛みを伴うだけでなく、摩擦による傷が細菌症の発症にも繋がる。

そうなると、一端妊活を休まなくてはなりません。

では、こんな場合にどういうものを用いれば良いのかについて解決方法を調べてみたら、潤滑ゼリーを使用し滑りを良くするのが無難な解決策でした。ただし、使用する潤滑ゼリーはプレシードという医薬品レベルで作られているものじゃないと衛生的ではないようです。

製造も無菌状態で作られているので衛生面でも十分に配慮されていて、ゼリーのが精子の活動を邪魔してしまうこともないので、安心して使う事が出来るという内容でした。もしも、潤滑ゼリーを使用を考えているなら、この辺を比較して選ぶのが良さそうです。

食生活を改善しても、濡れやすさの改善は難しいところです。
そもそもが感情によって分泌量が変化するようなので、そこまで自然な形をと考えるよりは、こうしたアイテムを活用する事がスムーズな妊活になっていくのだと思えます。