内服薬を避けて外用薬で爪水虫対策

身近な細菌に白癬菌というものがあります。この菌は、生活に馴染みの深い水虫や爪水虫の原因でもあります。感染すると数を増やしながら、範囲を広げて皮膚をボロボロにし、ひどい時には、皮が剥がれて出血を伴う事もあります。

その為、感染を確認したら、早めに薬で対処しなくてはなりません。
白癬菌に感染しても、水虫の段階なら、ラミシールという殺菌力に優れた外用薬がある為、悪化を防ぐ事が可能です。しかし、厄介なのがそれ以上に症状が拡大する事です。

水虫菌は、皮膚だけでなく爪の中にも入り込んでしまう事があり、その時の症状を爪水虫と呼びます。この段階まで進行すると、爪の裏側に菌が居るのでラミシールが効かないのです。

ですが、そんな時には、爪の内側に入り込み白癬菌を殺菌できるクリアネイルという薬が重宝してくれます。爪の上から浸透し殺菌できる唯一の薬として利用者が増えています。

そうした心配なく利用できるクリアネイルは、優れた爪水虫治療薬ではないでしょうか。

クリアネイルが誕生する前までは、ラミシールの内服薬での治療が行われていましたが、これだと、肝臓への負担が大きく利用できる人とそうでない人が居ます。しかも、中には、肝機能が悪くなり、体調を崩してしまう事もあるので使用できるかどうかを事前に血液検査しなくてはならないのです。

季節的には、夏場に利用者が増えますが、活動が抑えられる秋以降こそ、しっかりとケアすべきかもしれません。